介護士のリアル

介護士を応援したくて始めたブログで、介護の現場に関するリアルな情報提供をコンセプトにしています。メインライターは介護福祉士の資格を持つ介護業界20年以上のキャリアを持つ向日葵さん。仕事で悩んだ時の介護士さんのサプリになるよう体験談も掲載しています。

これを読めばすぐわかる!デイサービス(通所介護)で働く介護の仕事

介護の働き先は様々です。デイサービスで働いたことがない方にデイサービスで働く介護士の仕事について紹介します。

デイサービスとはどんな施設なの?

デイサービスは、高齢者が日帰りで利用できる在宅のサービスです。

一般的に、短時間の利用から長時間の利用まで、デイサービスによって提供時間は様々です。そこで提供するサービスも、それぞれのデイサービスによって、認知症のケアに対応していたり、リハビリに特化していたり等、特徴や目的が違います。

居宅のケアマネが、担当する利用者の状況や目的に合わせて作成するケアプランにより、様々なサービスが行われます。

デイサービスではどのような仕事があるの?

デイサービスには、比較的元気な利用者や全介助が必要な利用者等、様々な状態の方が利用しています。そこで働く介護士は、それぞれの利用者の心身の状況や、利用する目的(ケアプランに記載された内容)に合わせた対応をします。

主な仕事内容としては、施設により違いはありますが、通所の送迎の介助から、コミュニケーション、食事の準備、入浴、排泄介助など個々の利用者に応じた介助等です。また、機能訓練やレクリエーション、趣味活動等も行います。

デイサービスは在宅で生活する利用者、家族の強い味方

デイサービスを利用する高齢者の多くは、独居の方、高齢夫婦だったり、あるいは在宅で家族の介護を受けている方が多くいます。加齢や疾病が原因で、外出が困難になり、自宅にこもりがちになったり、活動量が減る高齢者が増えてきます。

またそれと同時に、自宅で介護する家族も、介護負担が大きいというだけでなく、介護のために仕事を辞めたり、社会交流の機会が減ってくる場合もあります。

こうした利用者や家族にとって、デイサービスの利用は貴重なサービスとなっています。 

kaigoshi-real.hatenablog.jp

デイサービスが利用者の生活を変える!

自宅では、外出の機会もなくなったために、1日中パジャマ姿でいたり、何日も着替えをしない利用者が多くいます。そんな利用者が、デイサービスに通うことになった途端に、がらりと変化を見せることがあります。

女性はおしゃれに気を使うようになり、ネックレスや指輪を身に着け、きちんとお化粧をしてくる人もいます。また男性も、仕事時代を彷彿させるかのように、しっかりと外出着に着替え、中には毎回背広姿で通う人もいます。

閉じこもりの生活が、デイサービスの利用により、利用者を大きく変えたのでしょう。

まとめ

デイサービスを利用する利用者の在宅での生活の状況は本当に様々です。

デイサービスの仕事は、様々な問題を抱えた利用者が、利用中少しでも楽しく、また安全に過ごすことができるよう、サービスを提供する役割があります。それだけに介護士の仕事も、それぞれの利用者の在宅を支えるという、やりがいのある仕事につながってくると思います。