介護士のリアル

介護士を応援したくて始めたブログで、介護の現場に関するリアルな情報提供をコンセプトにしています。メインライターは介護福祉士の資格を持つ介護業界20年以上のキャリアを持つ向日葵さん。仕事で悩んだ時の介護士さんのサプリになるよう体験談も掲載しています。

有料老人ホームで働く介護士の仕事と利用者のこと

有料老人ホームの仕事をしたことがない介護職の方に有料老人ホームでの介護の仕事について紹介します。どんな人が利用するのかもまとめていますので、お仕事探しの資料として参考にしてください。

有料老人ホームにも、様々なタイプがある

有料老人ホームとは、特養施設や老健施設とは違い、一般的には営利目的として運営している介護施設です。

地域や施設によっては、利用者の入居の費用もかなり驚くほど高額な施設もあり、よほどの資産がなければ入ることができない施設もあります。またその一方では、社会のニーズに応じ、安い費用で入居が可能な有料老人ホームも増えています。

有料老人ホームで働く介護士の仕事とは?

有料老人ホーム全般に言えることですが、入居する対象者や施設の特色により、サービス内容や介護方針、イベントや年間行事等に大きく違いがあります。しかしそこで働く介護士の仕事内容は、個々の利用者によって必要な支援内容に違いはありますが、基本的に行なう介護の内容には大きな違いはありません。

食事介助、入浴介助、排泄介助といった身体介護から、年間行事やレクリエーションなど入居者様の様態に合わせて幅広く対応します。また有料老人ホームは入居者にとって「住まい」であるため、そこで快適に生活できるための様々な支援も行われます。

高級な介護付き有料老人ホーム

入居金や料金が非常に高いと言われる高級有料老人ホームの入居者の中には、元気なうちに入居し、いずれ介護のお世話に・・・という方も増えています。もちろんそういう入居者は、施設に求めるものや意思も明確にあり、元気な頃は、洗濯、掃除、食事の配膳など、身の回りの支援が主な仕事内容となるでしょう。

施設の中には、入居者を「ご主人様」と呼ぶところもあるようで、職員も精神的にかなり気を使いながら働く事もあると聞きます。

安い料金設定の介護付き有料老人ホーム

高級有料老人ホームに対し、入居費用がかなり安く設定されている有料老人ホームも年々増えています。どちらかというと、緊急性が高い高齢者が入居されることが多いようです。そういう意味では、高級有料老人ホームとは入居の目的が異なるとともに、そこで働く介護士の仕事内容も、介護中心の援助内容も多くあります。

最近では、病気で入院し、治療が終わるとすぐに退院の話が出るため、退院後すぐに自宅での生活が困難な状態の高齢者が増えています。

特養ホームに入所を希望しても、待機待ちの状態で、なかなか入所できないという問題が、全国的にで広がっています。こうした現状の中で、安い金額で入居可能な介護付き有料老人ホームを選択するという方が増えてきているのです。

まとめ

有料ホームで働く介護士には「高齢者の暮らしを支援する」という大切な役割があります。様々なタイプや目的の有料ホームがある中で、基本的には快適な生活や環境を提供することが重要です。その中で、少しでも利用者の生活への意向を尊重し、それぞれに対応した支援を行う力が必要になると思います。